大昌工芸株式会社
profile field works recruit contact sitemap home
RECRUIT top
リクルーティングポリシー
先輩からのメッセージ
仕事の内容
選考プロセス
新卒採用情報
中途採用情報
新卒採用ENTRY
中途採用ENTRY
voice 先輩からのメッセージ
先輩写真0
現在の仕事について

設計会社から送られてくる図面を基に各協力業者に見積もりをお願いして、それを取りまとめています。見積もりの提出期限が決められていますので、急いで図面を理解して見落としがないように心がけています。その後、工事に必要な書類を作成しています。現場が始まると、工程会議に出席し、内装監理室の方への作業内容の説明や搬入枠の確保、また内装監理室の方からの注意事項をよく聞いて現場管理の方や職人さんに伝えたりしています。ここで正確に伝達が行われないと、作業がスムーズに進まなくなってしまいます。また現場管理の方や職人さんと一緒に動きながら、お願いする時の言葉遣いや職人さんの苦労や現場の収まり方などを学んでいます。

先輩写真1

先輩写真2
先輩写真3

大昌工芸を志望した理由

大学では建築を専攻していました。大学では、住宅やオフィスビル、総合病院の設計を学びました。けれども、建築の美しさよりも人がその空間でどう感じるのかということに強い興味を持ちはじめ、内装業の仕事に憧れを抱くようになりました。また、数多くの物件に取り組みたいと感じていたので、比較的工期の短い内装業は魅力的でした。
当社の説明会のときに、何事にもチャレンジさせていただける社風と、設計から施工まで関わらせていただけるというのが、志望する一番の決め手でした。 また、社内見学をさせていただいた時の社内の雰囲気が和やかだったのも決めての一つでした。

大昌工芸へ入社してから現在まで

入社してから今まで、携帯ショップの設計や物販店の施工、見積作成など様々な仕事をさせて頂きました。
初めて一人で現場に行った時は、職人の方に上手く搬入経路の説明が出来なかったり、やって欲しい作業が上手く伝わっていなくて、当日に道具や材料がないという事になったり、職人さんにご迷惑をおかけしました。また、ほとんど専門用語が分からないので、職人さんに尋ねられても、何を尋ねているのかが分からないことなどありました。
そういった苦労がありましたので、必死に材料の名前、道具の名前、施工方法など分からないと思ったことは職人さんや現場管理の人に聞いたり、自分で調べたりと勉強することを心がけています。まだまだ分からない事だらけですが、苦労した分だけ少しずつ成長出来たと思います

後輩に一言アドバイス

この業界は、お店が閉店した後の作業が多く時間が不規則ですし、図面の線一本間違えて引くだけでも誤解を与えてしまいます。間違えたまま現場が進んでしまったら壊してやり直しになるかもしません。 このように時間が不規則で忙しさや責任が伴う仕事ですが、何もないところから作り始めて、店舗に商品が並んで無事にオープンを迎えたり、お客様に喜んでいただけるとやはり嬉しいです。

最終的に形として残って、店舗の重要な部分を担っているので、他の業種では味わえない感動があると思います。店舗を見るのが好きな人や、ものづくりが好きな人は、きっと楽しい職業だと思っています。何事にもチャレンジしてみてください。

先輩写真4
大昌工芸株式会社 〒733-8531 広島市西区小河内町2-15-2 TEL:082-291-6211 PrivacyPolicy
(c) 2007 Taisho Kougei Corp. All Rights Reserved